Facebook

SNSで共有

朝高で叶える夢/神戸朝高生が国際フルートコンクール優勝

国内最高クラスの大会で快挙

表彰状と盾を持つ成希蘭さん

5月2~6日にかけて滋賀県高島市で行われた「第24回びわ湖国際フルートコンクール」のジュニア部門で、神戸朝高吹奏楽部の成希蘭さん(3年)が優勝した。大会には日本各地の高校生のみならず、海外からも参加者が集まる。フルートに詳しい同校吹奏楽部卒業生は、同コンクールについて「高校生以下が参加するフルートのコンクールでは『全日本学生音楽コンクール』と共に国内最高峰のコンクールのひとつ」と評し、そこで優勝したことで成さんは「日本のフルート界からも将来を嘱望される存在になった」と賛辞を惜しまなかった。

成さんがフルートを本格的に始めたのは西播初中初級部6年生の時。ともに神戸朝高吹奏楽部出身の両親が家に子ども用のフルートを置いていたことや、初級部に吹奏楽部ができたことがきっかけだった。

本格的にフルートのレッスンを始め、中級部になってからはコンクールでも少しずつ結果を残せるようになったが、高級部への進学に当たり岐路にぶつかった。音楽を本格的に学ぶために、音楽で有名な日本の高校に行くか迷ったのだという。その後の人生にも影響する重要な選択だったが、成さんが選んだのは、ウリハッキョだった。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)