Facebook

SNSで共有

済州4.3事件から71年/国防部・警察トップが遺憾、謝罪

済州道知事「大きな歴史的意義」/遺族会「恨みと怒り解消する重要な契機」

南のメディアによると、済州島民が軍や武装勢力に虐殺された4.3事件について、事件発生から71年が経った3日、南の国防部が初めて遺憾の意を表明した。また警察トップもこの日、4.3事件の犠牲者を悼む追悼式に参加し、事件により罪のない島民が犠牲になったことに対し謝罪した。

謝罪に伴う追加措置を

4.3事件は、米軍政の支配下にあった1948年4月3日、朝鮮半島の南側だけでの単独選挙実施と単独政府樹立に反対し、祖国の独立・統一と完全な民族解放を求めた民衆の武装蜂起に対し、軍や警察が鎮圧を名目に多くの島民を虐殺した事件だ。3万人以上が米軍政の非道な弾圧によって虐殺された。

済州島の4.3平和公園で行われた済州4.3犠牲者追悼式(写真はすべて済州特別自治道のホームページから)

国防部はこの日、「済州4.3特別法の精神を尊重し、鎮圧過程で済州島民が犠牲になったことに対し深い遺憾と哀悼の意を表す」と表明した。同部の長官や次官名義ではなく、国防部としての立場表明となった。

また、国防部の関係者は「きょうの国防部の4.3事件に対する立場表明は同事件を、『1948年4月3日に発生した騒乱および1954年9月21日までに済州島で発生した武力衝突とその鎮圧過程で住民たちが犠牲になった事件』と定義した『済州4.3事件真相究明および犠牲者名誉回復に関する特別法(2000年成立)』の精神を尊重するとの意味から出たもの」と説明した。

国防部の徐柱錫次官はこの日、ソウルの光化門中央広場に設けられた追悼所を訪れ、犠牲者を追悼した。

また、警察トップのミン・カプリョン警察庁長もこの日、光化門広場で開かれた同事件の追悼式に出席し、事件で犠牲になったすべての罪のない人たちに哀悼の意を表すると述べた。同事件を巡り、警察のトップが民間主催の追悼式に参加し、哀悼の意を表明したのは今回が初めて。

ミン警察庁長は「哀悼の意の表明を謝罪と受け止めてもいいのか」と尋ねる報道陣に対し、「はい」と答え、「罪なく犠牲になった方々には明確に謝罪しなければならない」と強調した。警察が島民を虐殺したことを認めるかについては、「真実が一つ一つ明らかになっているため、明らかになった事実にしたがい、警察も事実を認める部分は認める」と述べた。

一方、済州島を行政区域に持つ済州特別自治道の元喜龍知事はこの日、国防部と警察のトップが哀悼の意を表明したことを歴史的に大きな意味があるとし、歓迎するコメントを発表した。

文在寅大統領は自身のフェイスブックに、同事件の完全な解決が国民を一つにする道と考えて真相を究明し、賠償や補償の問題、トラウマを癒すセンターの設立などにさらに力を傾けると書き込んだ。その上で、「事件の真実は誰も否定できない明らかな歴史の事実として確立されたことを宣言する」とし、「4.3事件の真相究明や犠牲者の名誉回復が中断したり、後退したりすることはない」と言明した。

済州4.3犠牲者追悼式で涙を流す参加者たち

済州4.3犠牲者遺族会は、同日、声明を発表し、国防部と警察庁の立場表明について「時すでに遅しだが、歓迎する」との意志を示した。

遺族会は「4.3は国家の公権力により行われた暗黒の歴史であり、その中心には軍警がいた」とし、「きょうの国防部の立場表明と警察庁長の謝罪は、この間遺族らの胸をしめつけてきた恨みと怒りを少しだが、解消することのできる重要な契機となる」と述べた。

一方で「犠牲者と遺族に対する軍警首長の公式的な謝罪とともに、追加措置などの約束について触れられなかったことが残念だ。きょうよりもさらに真摯な謝罪の姿勢を求めるとともに、積極的で具体的な実践のためにさらに努力してほしい」と訴えた。

同日、済州島の4.3平和公園では、生存者と遺族ら1万5千余人の参加の下、済州4.3犠牲者追悼式が行われた。

理念を越え4.3の解決を

4.3事件を巡っては、

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)