Facebook

SNSで共有

南の対米「共助」姿勢を批判/朝鮮メディアが論評

朝鮮メディアは、北南関係発展において外勢との「共助」を前面に押し出す南朝鮮当局に対して、民族自主の原則に基づき、北南宣言を履行することを連日のように求めている。

祖国平和統一委員会が運営するウェブサイト「わが民族同士」は24日、「『韓米共助』で得るものは何もない」と題した論評で、「韓米共助」を基とする「平和体制構築」と「北南協力」をうたう南朝鮮の外交部を非難した。

論評は、年々増加する南・米間の「防衛費負担金」問題について言及しながら「政治、経済、軍事などすべての面で南朝鮮当局が『韓米共助』を語れば語るほど、返ってくるものは従属関係の深化、屈辱と恥だけだ」と指摘した。

また、米国の侵略的な合同軍事演習の強行は朝鮮半島の平和体制構築の実現を妨害し、北南経済協力事業にも障害と難関を造成しているとしながら、「時代が変化した今、外勢に頼り、すべてを解決しようとする行為は、ばかばかしい企図としか言いようがない」と批判。南朝鮮当局の正しい判断を促した。

一方、25日に発表した

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)