Facebook

SNSで共有

日本の独自制裁延長を非難/朝鮮中央通信が論評

日本政府が4月13日に期間が満了する「対朝鮮独自制裁」を再び延長しようとしていることを受け、朝鮮中央通信は25日、対朝鮮敵視政策に固執する日本政府を非難する論評を発表した。

論評は、自力更生を飛躍の原動力とし社会主義建設を進める朝鮮の進路を「制裁」で妨げようとする日本の考えは「妄想にすぎない」と非難。日本政府が対朝鮮敵視政策を軍事大国化など極右政治の実現に利用したことで、朝鮮を中心に活発に展開されている地域の平和過程に入り込む資格と名分を喪失したと指摘した。

論評は、

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)