Facebook

SNSで共有

朝米会談結果を喜ぶ日本を非難/朝鮮メディアが論評

労働新聞は8日付の論評で、「第2回朝米首脳会談が成功裏に開催され、良い結実が結ばれることを願ってやまなかった内外は、意外なことに合意文なく会談が終わったことに対して、米国にその責任があると一様に主張し、惜しさと嘆息を禁じ得ていない」としながら、唯一日本だけが「待ちこがねていたうれしい便りにでも接したように拍手している」と非難した。

論評は、第2回朝米首脳会談を契機として国際的な制裁緩和の雰囲気が造られるや否やその雰囲気に冷水を浴びせようとした日本の振る舞いを列挙。第2回朝米首脳会談の結果の裏に日本の「黒い影」がちらついていることを強調した。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)