Facebook

SNSで共有

〈九州無償化裁判〉闘争の歴史、次は私たちが/報告集会、350人が決意新たに

報告集会には約350人が参加した

九州無償化裁判の地裁判決が言い渡された14日の夕方、北九州市立商工貿易会館で報告集会が行われた。5都府県で最後に残された無償化裁判の地裁判決では、敗訴という受け入れがたい結果が出た。にもかかわらず会場は約350人であふれかえった。九州地方はもとより各地から同胞や日本市民たちが駆けつけ、海を越えた南朝鮮からも多くの支援者たちが訪れた。集会では、広範な連帯のもとで無償化闘争を次のステージへと進めていくことが確認された。

真っ直ぐな姿に心打たれ

九州中高に子どもを送るオモニたち

壇上に上がった九州中高オモニ会の梁敬順会長は、涙ながらに言葉を絞り出した。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)