Facebook

SNSで共有

朝鮮選手団が日本到着、同胞らが歓迎/世界フィギュア選手権2019、20日に開幕

同胞らが熱烈に歓迎した(撮影=盧琴順)

20日からさいたまスーパーアリーナ(さいたま市)で開幕する「ISU世界フィギュアスケート選手権大会2019」に参加する朝鮮選手団が17日午後、成田空港に到着した。

総聯中央の裵眞求副議長兼事務総局長、金誠勲宣伝文化局長、総聯埼玉県本部の申敏浩委員長(歓迎委員会共同委員長)、在日本朝鮮人体育連合会の役員たち、関東地方の活動家と同胞らが空港で選手団を出迎え、熱烈に歓迎した。

総聯中央の裵眞求副議長をはじめとした同胞らが選手団を出迎えた

今大会に参加する朝鮮選手団のために総聯埼玉県本部と体連が共同で歓迎委員会を組織した。

大会には第8回冬季アジア競技大会(17年、北海道)で銅メダルを獲得し、昨年の平昌オリンピックでも活躍したフィギュアスケートペアのリョム・デオク、キム・ジュシク選手が出場する。

両選手は20日にフィギュアスケートペア競技のショートプログラム、21日にフリースケーティングを予定している。

(朝鮮新報)

「世界フィギュア選手権2019」関連記事一覧