Facebook

SNSで共有

ウリハッキョと共に/山口初中で朝・日交流給食会

朝・日交流給食会は今年で3年目を迎えた

「第3回卒業チュッカ(祝賀)朝・日交流給食会」が2月27日、山口初中で行われ、5人の卒業生をはじめとする同校在校生や教員、地域同胞、朝鮮学校を支援する山口県ネットワーク(以下、支援ネット)の日本人支援者らが参加した。給食会は、同校を卒業する生徒たちを祝うために、2017年から支援ネットを中心に日本人有志らが企画。年に1度、卒業式を控える時期に、メニュー構成から材料の買い出し、調理までをすべて担い、当日生徒たちに振舞われてきた。

給食会では、支援者たちから卒業祝いを込めた寄せ書きや、丹精込めてつくった折り紙、手作りクッキーがプレゼントされた。

給食会のようす

在校生らを前に発言した支援ネットの内岡貞雄さんは、2月9日の「ハムケヘヨコンサート in 北九州~いいね朝鮮学校! 釜山・北九州・筑豊・福岡・山口の友情と絆~」で、同校のカヤグム部や初級部の生徒らが披露したステージに賞賛を送りながら、「ウリハッキョが多くの人々に祝福されていると思うと嬉しい。日本の皆さんにウリハッキョをもっと知ってもらえるよう頑張ります」と心境を述べた。

その後、会場では在校生たちが合唱を披露。同校の呉栄哲校長は、支援者らへ感謝を伝えながら、今後も山口ハッキョを守るために、朝・日の人々が共に手を携えていこうと呼びかけた。

【山口支局】