Facebook

SNSで共有

朝鮮経済の底力

「クムガンサン」のクッションファンデーション、「アリラン」のブルートゥースイヤホン、「ウナス」のシリアル。前回の訪朝からわずか4カ月、どれも初めて見る国産製品だ。止まることを知らない国産品ラッシュは、「史上最強」の経済制裁が続く中でも朝鮮経済の活力が失われていないことを端的に示してくれている春夏秋冬

▼筆者の経験として数年前までは訪朝の際、日用品の類は日本から持ち込むか現地で外国産を買わざるを得なかった。読者には今後はもっと身軽で訪問することをお勧めしたい。国産品でまかなえるからだ。外国産より断然安価、質も遜色ない。何より朝鮮語で書かれたパッケージには愛しさすら覚え、「自分の物」を使う喜びを感じる

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)