Facebook

SNSで共有

囲碁愛好家らが交流、女性チームも/第7回近畿同胞囲碁交流会

第7回近畿同胞囲碁交流会が3月17日、大阪の囲碁センターで開催された。大会には大阪、京都、兵庫、岡山、香川の同胞ら11チーム、60人が参加した。

対局が始まると会場は緊張感に包まれた。

大会は、各地域で活動する囲碁愛好家が年に1度、一堂に会し交流と親睦を深めている。今年も会場では、同胞たちがお互いの近況を報告しあっていた。

開会式では、実行委員会を代表し大阪朝鮮囲碁協会の李世訓会長があいさつし、「同胞囲碁愛好家は一心団結しよう」と呼びかけた。

大会は5人1組による団体戦。対局が始まると会場は一気に緊張感に包まれ、石音だけが響いた。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)