Facebook

SNSで共有

朝鮮外務省ブリーフィングで明らかになった米国の傲慢と詭弁

非核化遅延策への断固たる対応

ホワイトハウスと米国の朝米交渉チームに衝撃を与えた崔善姫朝鮮外務省次官のブリーフィング(15日平壌)は、朝鮮半島の恒久的で強固な平和体制を構築し、完全な非核化を実現するという最高指導者の意向を反映して行われたものだ。ブリーフィングで崔次官は合意なしに終わったハノイ首脳会談について語り、制裁解除の前に朝鮮が非核化しなければならないという米国の要求に妥協することはないと断言。今後、金正恩委員長が核実験とミサイル試射のボタンを押すかどうかはトランプ大統領がよく知っているはずだと述べた。 

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)