Facebook

SNSで共有

【投稿】千葉初中で「性の多様性」についての授業/朴勇豪

さまざまな価値観、尊重を

1月12日、在日本朝鮮人人権協会の性差別撤廃部会から康仙華さんと李イスルさんが千葉初中に来校し、中級部生たちを対象に特別授業を行った。授業のテーマは「性の多様性」について。

人間は男性か女性かだけではなく、ゲイ、レズビアン、バイセクシャル、トランスジェンダーなど多様な人がいること、さらにはその中にすら属さない人もいるということを認識するところから始まり、その人たちの多くはセクシャルマイノリティーであるがゆえに、自らの「性」を家族にも、友達にも打ち明けられず、悩み、苦しんでいるということを生徒たちは授業を通して学んだ。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)