Facebook

SNSで共有

〈ルポ・南社会に芽生える変化(下)〉分断と統一が交差する、変わりゆく地/非武装地帯を訪ねて

【坡州発=韓賢珠】4月の板門店宣言で、北南首脳は、朝鮮半島にこれ以上の戦争がないことを宣明し、9月平壌共同宣言では、北南間の軍事的敵対関係を終息させるための措置を合意、その後非武装地帯(DMZ)を平和地帯にするための一連の対策が講じられた。

戦争と隣り合わせの朝鮮半島で、敵対関係終息に向けた緊張緩和の流れが速度をあげるいま、DMZを南側から訪ねた。

汽笛とともにDMZトレインが走ってきた(撮影=盧琴順)

統一教育の体験場

北、南、海外合同写真展を取材するために出向いた南での滞在最終日、ソウル市内から車で京畿道坡州市にある烏頭山統一展望台に向かった。約1時間をかけて展望台へと向かうシャトルバス乗り場に到着。昨今の北南和解に向けた情勢の影響からだろうか、バスに乗り込み座っていると、老夫婦や、子ども連れ、学生などが相次いで乗車し、いつの間にかバス内は大勢の人たちが。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)