Facebook

SNSで共有

〈若きアーティストたち 141〉ベリーダンサー/宋京美さん

艶やかで情感豊かな曲線描く/”人ができない、やらないものを”

ステージに立つ宋さん(写真=本人提供)

世界で最も古い踊りの一つとされ、近年人気の習い事として注目されるベリーダンス。中東で発展したダンススタイルの総称ベリーは腹部を意味し、女神崇拝のための儀式として巫女たちが踊ったのがそのはじまりと言われている。

艶やかな衣装をまとい、腰で独特のリズムを刻む。自由で情感豊かなその舞に魅了され、現在ベリーダンサーとして世界各地を飛び回るアーティストがいる。宋京美さん。38歳。

中級部までは朝鮮舞踊部に所属するなど幼い頃から体を動かすことや「人前にたって誰かを笑わせることが好きだった」。そんな彼女が、いつしかダンスというアートに目覚め、朝鮮舞踊とはまた一味違うジャンルのダンスに夢を見出すことになる。

こんなダンスを踊ってみたい―。きっかけは、友人といった旅行先でみた現地ダンサーの踊りだった。当時は、これといった知識もなく、自身が見たダンスが何というジャンルなのか、さっぱりわからなかったと宋さん。旅行から帰ってすぐに勤めていた会社を辞め、目に焼き付いたその光景を求め、あらゆるダンス教室を訪ね歩いた。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)