Facebook

SNSで共有

ソウルで北・南・海外共同写真展「平壌が来る」/朝鮮新報社代表団が参加

板門店宣言、「9月平壌共同宣言」履行に向け

参加者らに展示写真を説明する本紙写真部の盧琴順副部長

【ソウル発=李永徳、韓賢珠】南のインターネットメディア「民プラス」、朝鮮6.15編集社、朝鮮新報社が主管する北・南・海外共同写真展「平壌が来る」(主催=共同写真展推進委員会、6.15共同宣言実践南側委員会)が3日、開幕した。写真展はソウルの天道敎中央大敎堂で5日まで開催される。

北・南・海外の言論団体が共同で写真展を開催するのは、初めて。写真展は今後、蔚山、大田、全州市などで開催される予定だ。民主平和統一諮問会議、民族和解協力汎国民協議会(民和協)、ソウル特別市、全国民主労働組合総連盟、韓国労働組合総連盟、ソウル新聞などが後援した。

写真展は、板門店宣言と「9月平壌共同宣言」を履行するための運動と、金正恩委員長のソウル訪問を歓迎する取り組みの一環として企画された。各界各層の市民が朝鮮について正しく知り、わが民族同士の精神と自主的統一、平和繁栄の機運を高めることを目的とした。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)