Facebook

SNSで共有

性奴隷被害者のキム・スンオクさんが死去/生存者は26人に

日本軍性奴隷制被害者のキム・スンオクさんが5日、死去した。享年96。同日、被害者らが共同生活を送る「ナヌムの家」が「キムさんが5日午前9時5分、ソウルの峨山病院で老衰のため死去した」と明らかにした。

1922年、平壌で生まれたキムさんは、家庭が貧しかったため7歳から飯炊きや乳母などの仕事を転々とした。1940年、18歳のときに工場に就職させてやると騙され、中国・黒龍江省の慰安所に連行され、日本軍の性奴隷を強いられた。

解放後、中国人と結婚し、中国の東営に定住した。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)