Facebook

SNSで共有

北南、鉄道共同調査を開始/18日間、1200キロメートル

北南は11月30日、板門店宣言で合意した鉄道連結および現代化に向けた共同調査を開始した。同日午前、共同調査を行う南側調査団を乗せた列車が北側へ向けて出発。調査は西海線、東海線の順で、18日間にわたって実施される。

これに先立ち南朝鮮政府は同月24日、国連安全保障理事会の朝鮮制裁委員会が鉄道の共同調査について例外措置とすることを認めたと明かした。共同調査は8月にも計画されたが、国連軍司令部が不許可とした経緯がある。北南経済協力の足かせを乗り越えて共同調査を実現させたことは、今後、協力事業をさらに活性化させるうえで重要な意味を持つ。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)