Facebook

SNSで共有

県の不当な補助金減額に抗議/兵庫の研究者有志が声明発表、374人が賛同

兵庫県内の朝鮮学校に対する県の補助金が今年度に入って大幅に減額されたことを受け、大学や教育機関の研究者らが5日、兵庫県庁で記者会見を開き、不当な措置に抗議して補助金支給の再開を求める声明を発表した。会見には神戸市外国語大学の杉山精一准教授、田中敏彦名誉教授が参加。声明は同氏2人を含む8人が呼びかけ人となり、374人から賛同を得ている。

会見に臨む神戸市外国語大学の杉山精一准教授(右)と田中敏彦名誉教授

近年続く兵庫県の不当措置は、まさに「朝鮮学校を狙い撃ち」したものといえる。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)