Facebook

SNSで共有

第13回オモニ会会長、子育て支援部長会議/国連にオモニ代表団を

子どもの幸せ、オモニにできること

西日本集会

第13回オモニ会会長、子育て支援部長会議が10月6日に大阪市のクレオ大阪中央館、13日に神奈川朝鮮会館で東西別に開催され、各地のオモニ会会長と副会長、女性同盟本部と支部の子育て支援部長、副部長ら合計180人が参加した。

会議は、各校オモニ会会長と女性同盟子育て支援部長が、民族教育を取り巻く現況を正しく理解し、今後の子育てと民族教育を守るうえでの活動でこれまで以上の役割を果たしていくことを目的に開かれたもの。

会議ではまず、映像「激変する2018年の朝鮮半島情勢」が上映された。

1部では、朝鮮大学校政治経済学部の文泰勝助教が「民族教育を守り、統一世代を育てていこう―朝鮮半島情勢の現況と今後の展望、私たちの課題―」について講義をした。

2部では、討論が行われた。そこでは、就学前の子どもたちを探す活動にはじまり、高校無償化闘争など、各地で繰り広げられてきたいろんな民族教育を守るための活動と成果が発表された。また、各地の代表たちによるディスカッションも行われた。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)