Facebook

SNSで共有

金正恩委員長、キューバ議長と会談

友好・協力関係をいっそう強化

朝鮮中央通信によると、金正恩委員長が、キューバのミゲル・ディアスカネル・ベルムデス国家評議会議長と会談を行った。ディアスカネル議長は、金正恩委員長の招待で4~6日まで朝鮮を訪問。金正恩委員長は、ディアスカネル議長の滞在期間、4、5の両日、首脳会談を行ったほか、歓迎公演と歓迎宴(4日)、大マスゲームと芸術公演「輝く祖国」観覧、晩餐、万寿台創作社への参観(5日)などの日程をともにし、6日には空港で歓送して議長を歓待した。キューバの国家元首の訪朝は、フィデル・カストロ元議長が訪朝した1986年以来。4日付労働新聞は社説で、「ディアスカネル同志の今回の訪問は、帝国主義の侵略と戦争に反対し、平和を守り、社会主義偉業の勝利を果たすため、両国人民の不敗の親善・団結と同志的友誼を力強く誇示する歴史的事変」とその意義を指摘した。

食卓を囲み談笑する両首脳夫妻(朝鮮通信=朝鮮中央通信)

金正恩委員長は李雪主夫人とともに4日、専用機で平壌に到着したディアスカネル議長を平壌国際空港で迎えた。沿道の平壌市民から歓迎を受けながら両首脳は百花園迎賓館に向かった。

同日、金正恩委員長とディアスカネル議長の単独会談が百花園迎賓館で行われた。

金正恩委員長は、ディアスカネル議長の訪朝を熱烈に歓迎し、代表団の今回の訪問は両国人民の伝統的な友情と信頼、友好・団結の不敗性を誇示する契機になり、朝鮮人民の正義の偉業に対する支持と連帯の表示になると述べた。

ディアスカネル議長は、金正恩委員長と朝鮮の党と政府、平壌市民の温かい歓待と熱狂的な歓迎に感動を禁じ得ないとし、キューバの党と政府と人民は朝鮮人民が金正恩委員長の指導の下、自分が選択した道に沿って力強く前進し、飛躍的な発展を遂げていることを喜ばしく思うと述べた。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)