Facebook

SNSで共有

光州5・18戒厳軍による性暴力 /南政府、公式調査で確認

少なくとも17件、集団暴行も

1980年5月の光州人民蜂起当時、戒厳軍や捜査官などによる女性への性犯罪の事実が、南政府の公式調査で明らかになった。

国家人権委員会、女性家族部、国防部で構成された「5.18戒厳軍性暴力共同調査団」は10月31日、当時、戒厳軍などが17件の性暴力を犯し、連行・拘束された被害者、一般市民に対する性的いやがらせ、性拷問をくわえた事実を確認したと明らかにした。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)