Facebook

SNSで共有

コークス製法に終止符

鉄鉱石から鋼鉄の原料となる銑鉄を生産する際、コークスという燃料を用いるのが一般的で、朝鮮でもコークスを用いてきた。しかし朝鮮にはコークスはなく、輸入に頼ってきた春夏秋冬

▼東欧社会主義国家とバーター取引していた頃は問題なかったが、これらの国の崩壊によって90年代、状況は一変した。朝鮮ではコークスの代わりに、国内に無尽蔵にある石炭燃料による銑鉄生産の研究が活発に行われてきた

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)