Facebook

SNSで共有

沢渡ムジゲフェスタ2018/横浜初級で盛大に開催

学校の重要性、地域で分かち合う

舞台上で繰り広げられる盛りだくさんのイベントに、児童たちの顔には笑みがこぼれた

「沢渡ムジゲフェスタ2018」(以下、フェスタ)が6日、横浜初級で行われ、地域同胞や近隣に住む日本市民、在校生、同行卒業生ら約500人が詰め掛けた。

昨年、初めて開催されたフェスタは、学校を拠点に地域ぐるみの交流を活性化する一方、同校の卒業生たちが中心となり学校支援を行っていこうと、アボジ会、オモニ会、同校学区の朝青と青商会メンバーで構成される「チンダルレ会」が主催するイベントだ。

フェスタ当日、午前から在校生の祖父母たちを招いての敬老会が催されたこともあり、会場となった運動場は多くの人でにぎわっていた。

フェスタ終盤、民謡メドレーに合わせ歌い踊る参加者たち

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)