Facebook

SNSで共有

「9月平壌共同宣言」履行措置を合意/板門店で北南高位級会談

北南団長ら「実践」を強調

「平和の家」で行われた高位級会談。今年5回目となる

【開城発=姜イルク】「9月平壌共同宣言」(以下、共同宣言)履行のための北南高位級会談が15日、板門店南側地域の「平和の家」で行われた。会談では共同宣言を徹底して履行し、北南関係を新たな高い段階へと発展させるための実践的方途について協議、7項目からなる共同報道文を採択した。

会談には、北側団長の朝鮮民主主義人民共和国祖国平和統一委員会の李善権委員長、南側首席代表の趙明均統一部長官をはじめ、スポーツ、鉄道および道路、山林などの各種会談の代表、関係者らが参席した。

共同報道文によれば、北南は第1に将官級軍事会談を早期に開催し、「板門店宣言 軍事分野履行合意書」(共同宣言の付属合意書)に基づいて非武装地帯をはじめとする対峙地域での軍事的敵対関係を終息する問題や北南軍事共同委員会の構成・運営問題を協議することとした。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)