Facebook

SNSで共有

虹の橋をかけて③日本朝鮮学術教育交流協会・千葉ハッキョの会 合同訪朝団の報告/番場豊

ワクワクで満たされた旅

訪朝は、「金曜行動」の師、こども教育宝仙大学教授・佐野通夫さんの紹介がきっかけだった。朝鮮について、「最後の秘境」などと偏見と期待混じりに話していたが、それが、わたし自身の現状だった。そして、わたし以上に偏見に囚われている家族や友人に、「無事に帰ってきてね」などと言われたが、今回の訪朝は、安全すぎるほど安全で、わたしは、ドキドキではなく、ワクワクで満たされていた。

朝鮮での出会いは、受け入れ側の対文協(朝鮮対外文化交流協会)の李河進(ルビ=リハジン)さん、呉成宇(オソンウ)さん、金春実(キムチュンシル)さんから始まる。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)