Facebook

SNSで共有

虹の橋をかけて①日本朝鮮学術教育交流協会・千葉ハッキョの会 合同訪朝団の報告/寺谷昭人

初めての訪問

私は、長年小学校の教員をしてきた。そして、9年間、鳥取県教組の専従役員もしてきた。日教組のスローガン「教え子を再び戦場に送るな」が大好きで、戦争と平和について考えてきた。また、「差別の現実から深く学ぶ」ことを自分自身の生き方の基本として、「自らの差別性を問う」ことについて、子どもたちにも語ってきた。

さて、私自身の朝鮮民主主義人民共和国訪問の目的は、一体何だったのだろう。「日朝友好のため」…いや、そんな大それたことが目的ではなかった。ただ、朝鮮に行ってみたい。自分の目で本当の朝鮮を見てきたい。それは、自分自身の差別性と向き合うためでもあった。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)