Facebook

SNSで共有

〈第18回アジア競技大会〉北南選手団が合同入場/インドネシアで開幕

3種目で単一チーム構成

大歓声の中、北南選手団200人が合同入場した(連合ニュース)

第18回アジア競技大会(8月18日〜9月2日)の開幕式が18日、インドネシアの首都、ジャカルタのブンカルノ競技場で開催され、大歓声の中、北と南の選手団が統一旗を掲げて合同入場した。大会では45の国と地域から1万1千余人の選手たちが40種目の競技を繰り広げ、北と南は女子バスケ、ドラゴンボート、ボートの3種目で単一チームを構成し競技に臨む。また大会には在日同胞選手6人が朝鮮代表としてサッカー、ボクシング、空手道の競技に出場する。

開幕式にはインドネシアのジョコ・ウィドド大統領とアジアオリンピック理事会委員長、各国の代表が参加。朝鮮からは李龍男内閣副総理を団長とする朝鮮高位級代表団、朝鮮オリンピック委員会委員長の金日国体育相を団長とする朝鮮オリンピック委員会代表団が参加した。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)