Facebook

SNSで共有

〈卓球コリアオープン〉北南支えた第2の選手

「ウリヌン ハナダ!」

国際卓球連盟(ITTF)ワールドツアープラチナ・コリアオープン(7月17~22日)の北南選手らの大躍進の裏には、統一旗を振り、声援を送り続けた統一応援団の存在があった。

「6.15共同宣言実践南側委員会大田本部(以下、6.15大田本部)」などの大田地域の統一団体は、大会期間、統一応援団を組織し、北南の選手らを応援した。

統一旗を掲げ、声援を送る統一応援団(連合ニュース)

6.15大田本部は、北側選手団が大田に到着した15日、選手らの宿泊先であるユソンホテルの前で歓迎文化祭を開催し、北南の選手らの合同練習が始まった16日には、忠武体育館とハンバッ体育館に「北側選手団の参加を歓迎します」「ウリヌン ハナダ!(われらはひとつ)」などの横断幕を掲げた。

応援団は、コリアオープンが開幕した17日から毎日100人ずつ、延べ800人の参加の下、応援を繰り広げた。釜山とソウル、光州と全州、慶尚南道など他地域からも合流し、声援を送った。

北側選手団と大田市民は、大会中、応援を通じて温かい交流を重ねた。当初は緊張した面持ちだった北側選手たちも、

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)