Facebook

SNSで共有

南で「正義記憶連帯」発足/挺対協、正義記憶財団が統合

日本軍性奴隷制問題の解決を

南朝鮮で「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連)が11日、結成された。正義連が16日、報道資料を通して明らかにした。

正義連は、これまで28年間にわたり日本軍性奴隷制問題解決のために活動してきた「挺身隊問題対策協議会」(挺隊協)と3年前に設立された「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶財団」を統合し、新たに発足。

今後、▼2015年の南・日「合意」無効化を通じての性奴隷制被害者の名誉・人権回復▼

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)