Facebook

SNSで共有

建国70周年に向けまい進/労働新聞社説

労働新聞3日付は「勝利の確信も高く、9月の大祝典に向かって総まい進しよう」と題した社説を掲載した。

社説は、今年の金正恩委員長の新年の辞発表以降の上半期を「党の偉大さ、チュチェ朝鮮の一心団結の威力が力強く誇示された日々であった」と振り返った。

社説は、「創建70周年を高い政治的熱意と誇らしい労働成果で迎えようとする朝鮮人民の意志が上半期期間にはっきり誇示された」とし、▼労働者階級が自力更生の旗印の下、人民経済の自立性と主体性を強化したこと▼農業勤労者が収穫運動に拍車をかけたこと▼科学者、技術者が経済建設と人民生活の向上に意義を持つ科学研究成果を出すための探求と創造に全力を尽くしていることなどの成果に触れた。

また、朝鮮で初となる海上鉄道橋(江原道の庫岩―畓村)が建設され、

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)