Facebook

SNSで共有

国交正常化を求める提言発表/日朝友好京都ネットが記者会見

「文化・学術・市民交流を促進する日朝友好京都ネット」が24日、京都府庁で記者会見を開き、「日朝国交正常化のための提言」を発表した。記者会見には日朝友好京都ネットの安井勉副会長(京都市議)、顧問である臨済宗相国寺派の有馬頼底管長らが参加した。提言は今後、日本政府、自民党の京都府支部連合会、公明党の京都府本部に送付される予定だ。

記者会見井参加した日朝友好京都ネットの安井勉副会長(左)と、顧問である臨済宗相国寺派の有馬頼底管長

2009年に設立された日朝友好京都ネットは、訪朝団の派遣、訪朝報告会、金剛山歌劇団公演の特別協賛、ヘイトスピーチ問題の解決、日朝学術研究会への協力・参加などに取り組みながら、市民レベルでの日朝交流活動を地道に繰り広げてきた。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)