Facebook

SNSで共有

金正恩委員長、習近平主席と3回目の会談

新たな情勢下、朝中協力を強化

朝鮮中央通信によると、金正恩委員長が李雪主夫人とともに、19日から20日まで中国を訪問し、習近平主席と会談した。金正恩委員長の中国訪問は3月、5月に続き3回目。崔竜海党副委員長、朴奉珠総理、李洙墉、金英哲、朴泰成の各副委員長、李容浩外相、努光鉄人民武力相と党中央委員会、朝鮮国務委員会のメンバーらが随行した。

朝鮮半島非核化の展望を論議

19日、北京に到着した金正恩委員長は、人民大会堂で習近平主席と会談。席上では、12日にシンガポールで行われた朝米首脳会談の評価と見解、立場が説明され、朝鮮半島非核化解決の展望をはじめ共通の関心事となる一連の問題に関して有益な意見交換が行われ、論議された問題における認識を共にした。

握手を交わす金正恩委員長と習近平主席(朝鮮中央通信=朝鮮通信)

金正恩委員長は、中国の党と政府が朝米首脳会談の成功のために積極的で誠意ある支持と援助を寄せたことに謝意を表し、両党間の戦略的な協力が強化され、相互の信頼がいっそう厚くなっている現実をたいへん満足に、貴重に思うと述べた。また、今後も朝中

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)