Facebook

SNSで共有

“朝鮮問題介入の資格失った”/労働新聞、日本を非難する論評

労働新聞(6日付)は「自らの境遇をわきまえ正しく行動すべきである」と題した論評で、「日本はすでに朝鮮半島問題に介入する資格も体面もすべて失った」と情勢の流れに逆行する安倍政権について論じた。

論評は「北に対する国際社会の一致した圧力維持」と「拉致問題」に対して執拗に騒ぐ河野外相をはじめとする安倍一派の言動は、朝鮮半島周辺の構図から排除された自らの窮状を覆い隠し「存在感を誇示」するためのものであると指摘。

安倍政権は、ホワイトハウスに「平時より緊密な協力」を請託するべく東奔西走しているが「時すでに遅しである」としながら、国際社会から孤立する日本の窮状は、圧力一辺倒の政策を続け、諸外国にまで「対朝鮮圧力」を喧伝して回った「(安倍政権)自らが招いた災い」であると述べた。

論評は、安倍政権の時代錯誤な行動について

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)