Facebook

SNSで共有

南の「市民の会」訪問団が10度目の来日/平和の流れに逆行する朝鮮学校差別を糾弾

文科省担当者に要請書を手渡す訪問団メンバー

朝鮮学校に対する差別問題解決に取り組む南朝鮮の支援団体、「ウリハッキョと子どもたちを守る市民の会」(以下、「ウリハッキョ市民の会」)のメンバーを中心に構成された「朝鮮学校差別反対!高校無償化適用要求!金曜行動10次訪問団」が、15日~18日にかけて来日した。訪問団は15日、参議員会館を訪れ、文科省担当者らに要請を行った後、文科省前へ移動し「金曜行動」に合流。朝大生や「東京朝鮮学校オモニ会連絡会」、「高校無償化からの朝鮮学校排除に反対する連絡会」はじめとする日本の支援者たちとともに、差別反対の声をあげた。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)