Facebook

SNSで共有

平壌で6.15委員長会議/板門店宣言履行へ、全民族的な運動の展開を

10.4、開天節、3.1に共同行事開催

6.15共同宣言実践民族共同委員会の北・南・海外委員長会議(以下、6.15委員長会議)が6月21、22日、平壌で開催された。6.15北側委のパク・ミョンチョル委員長、南側委のリ・チャンボク常任代表議長、海外側委の孫亨根委員長をはじめとする北南、海外の代表らが参加した。

6.15共同宣言実践民族共同委員会の北・南・海外委員長会議が平壌で開催された(海外委提供)

会議で代表らは、こんにちの時代は6.15統一時代の新たな段階であると指摘し、板門店宣言を先頭に立って履行していく意思を表明した。

会議では北南、海外の代表らがそれぞれ発言。

パク・ミョンチョル委員長は、北南、朝米首脳会談の開催で統一への機運が高まっている激動の時期に、6.15委員長会議が平壌で開催された意義について言及。本会議が板門店宣言履行に向けた全民族の統一運動を推進していくうえで、貴重な一歩となると指摘した。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)