Facebook

SNSで共有

〈ようこそ!朝大・朝鮮自然ミュージアム 71〉モノアラガイ

大同江巻貝シリーズ第3弾は「モノアラガイ」。殻高はおよそ2センチ。殻の口は広くまるで人の耳のような形をしている。日本ではいくつかの近似種が知られているが大同江でも3種知らせている。これらの貝は「肝蛭(カンテツ)」という吸虫の中間宿主である。「肝蛭」は人を含む哺乳類に寄生する扁形動物の一種だ。本種も朝鮮半島、中国、ロシアから日本まで広く分布する。

(李景洙・朝鮮大学校理工学部准教授)