Facebook

SNSで共有

〈北九州初級教員日記 3〉まばゆいばかりの笑顔/趙銀河

見よ、このピッカピカの笑顔を!

教員1年目、入学式、授業参観、春遠足、そして歴史的な板門店宣言…。ワクワク、ドキドキな4月が去り、5月から運動会の練習が始まった。昨年、学校創立50周年を迎えた本校は、その盛り上がりを今後の活動につなげていこうと、運動会のテーマを「つなごう、僕たちの心」とした。学校のいたるところにポスターが貼られ、私は(まだ50周年を掲げるのか)と少し戸惑った。

しかし、この思いは運動会の練習を通して消えていった。私がまず驚いたのは、子どもたちから出てくる「昨年の運動会」の代名詞が「50周年のときの運動会」ということだった。そればかりでない。数を数えるときや声を出すとき、50という数字が出ると子どもたちはお互いニヤッと笑い「50周年だ!!」と言う。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)