Facebook

SNSで共有

総聯大阪が「緊急対策委員会」を発足、同胞らの安全を確認/大阪北部で地震

18日の午前7時58分頃に大阪府北部を中心に発生した地震により、大阪府の高槻市、茨木市、枚方市などに居住する同胞が被害を受けた。

これを受け、総聯大阪府本部では20日、総聯大阪府本部の夫永旭委員長を委員長とする「大阪北部地域同胞支援緊急対策委員会」を立ち上げ、府内の朝鮮学校や同胞らの被害状況などについて検討した。総聯支部委員長や学校長らからは、同胞の住宅の損壊、家具の転倒や破損、ガスの停止、学校施設の損壊などがあったものの、同胞と、学校および児童、生徒らに深刻な被害がなかったことが確認された。対策委員会は今後の対策について検討し、北部地域でまだ連絡がとれていない同胞らを中心に、訪問活動を行うことなどを決めた。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)