Facebook

SNSで共有

日本人こそが手に取るべき一冊、「過去から学び、現在に橋をかける」を読む/石橋学

「語られるべき言葉、それは確かな希望」

朴日粉著、梨の木舎、1800円+税、03-6256-9518。

語られるべき言葉が語られ、ここに記されている。それは確かな希望であり、しかし、深い断絶の存在を浮かび上がらせてもいる。

日本と朝鮮、過去と現在―。

いま、きしみを立て、醜悪なまでに傷口を広げゆく断絶を埋める主体者として、日本人こそが手に取るべき一冊である。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)