Facebook

SNSで共有

平壌の標準時間を南と統一へ/来月5日から運用

 北南首脳会談、初の実行措置

最高人民会議常任委員会は30日、平壌の標準時間を30分早める政令を採択し、5日から適用すると発表した。

朝鮮中央通信によると、金正恩委員長が27日に行われた文在寅大統領との北南首脳会談で、南朝鮮よりも30分遅い平壌の標準時間を南と統一することを提案した。

金正恩委員長は、北南首脳会談の会談場に平壌時間とソウル時間を知らせる時計がそれぞれかかっている様子をみて、とても胸が痛かったとしながら、まず、北と南の時間から先に統一しようと述べた。

金正恩委員長は、北と南が一つになるということは、抽象的な意味ではなく、このように互いの違いや分かれているものを一つにし、互いに合わせていく過程としながら、民族の和解と和合の初の実行措置として、現在、朝鮮半島に存在する2つの時間を統一することを提案した。

朝鮮は、2015年8月の日本の植民地支配からの祖国解放70周年に際して標準時間を30分遅らせる平壌時間を採用していた。

(朝鮮新報)

関連特集

【特集】北南首脳会談(2018.4.27)