Facebook

SNSで共有

“『聖域』なき調査で真相究明を”/セウォル号事件から4年、初の政府合同追悼式

「朴槿恵空白の7時間」明るみに

304人が犠牲となったセウォル号事件(2014年4月16日)から、4年を迎えた。南では、セウォル号惨事で261人の生徒が犠牲になった安山檀園高校、木浦新港など各地で追悼行事が行われた。16日には、京畿道・安山の合同焼香所の前で、政府が主幹する合同告別・追悼式(支援・京義道教育庁、安山市)が行われた。式では、司会者が犠牲者の名前を一人ひとり呼ぶ中、遺族をはじめとする約7千人の参加者らは、故人たちの遺影に花を捧げ、焼香をあげた。同日午前にはセウォル号の犠牲者たちの鎮魂式も行われた。

京畿道・安山の合同焼香所の前で行われた合同告別・追悼式(16日、連合ニュース)

一方で政府は、4月16日を「国民の安全の日」にすることを取り決めた。文在寅大統領は同日、大統領府で開かれた首席・補佐官会議で、「セウォル号犠牲者たちを真に追悼する道は、安全な大韓民国を作ることだ。今日を国民の安全の日に定めたのは、全国民がセウォル号の子どもたちに『申し訳ない』、『忘れない』とした約束、必ず大韓民国を安全な国にすると言った約束を守るためのもの」だと繰り返し、強調した。

セウォル号事件の背景

セウォル号沈没が大惨事へと繋がった背景には、海洋警察の不可解な行動と、「コントロールタワー」であるはずの朴槿恵前大統領の不誠実な職務遂行の実態があったことが、調査から明らかになった。

セウォル号は、14年4月16日、午前8時49分、珍島前の海で沈没し始めた。8時52分には、セウォル号に乗っていた安山檀園高校の生徒が全羅南道119状況室に最初の救助要請を行った。申告は早かったが、救助本部の対応は遅れた。海洋警察の報告が遅れる中、安全行政府と青瓦台などは、9時19分にメディア報道を通じて、事故を知った。

9時25分には西海海洋警察庁所属のヘリ511号と海洋警察123艇が相次いで現場に到着。しかし、海洋警察はセウォル号との交信をせず、乗客への退船命令も行わなかった。123艇は10時13分、リ・ジュンソク船長と船員を乗せたまま、現場を離れた。

一方、検察が発表した「セウォル号事件青瓦台報告操作疑惑捜査結果」によって、朴槿恵前大統領の事件当日の「空白の7時間」の行方も明るみに出た。青瓦台は、当初、朴槿恵前大統領への最初の報告時間を10時としていたが、実際はセウォル号が180度に傾き救助不可能となった10時22分であることが明らかになった。

事件当日、国家安保室傘下の危機管理センターは、事故の報告を受け、状況報告書一報を10時に作成。一報を受けたキム・ヂャンス国家安保室長が、当時官邸にいた大統領の携帯に2回電話をかけたが、大統領の応答はなかった。

キム室長はアン・ボングン第2付属秘書官に電話をかけ、大統領へ報告する措置をととのえるよう伝達。10時12分~13分には、官邸に状況報告書が伝達された。

状況報告書は、官邸スタッフの手に渡り、スタッフは官邸での慣例どおり、大統領の寝室前の卓に、報告書を置いた。

キム室長の電話を受けたアン秘書官が官邸に駆け付け、大統領の寝室前で数度にわたり呼びかけた後、寝室のドアが開き、朴槿恵前大統領が姿を現した。

「安保室長が緊急の通話を要する」というアン秘書官の呼びかけにより、朴槿恵前大統領は、キム室長に電話をかけ、10時22分、「一人たりとも、人命被害を発生させないように」とこの日初の指示を下した。

10時25分に国家安保室が関係部署に「大統領指示事項」を伝達したが、セウォル号は5分後の10時30分、完全に沈没した。

その後、官邸には、警護室に出入記録が残らないいわゆる「A級保安客」である崔順実が訪れ、朴槿恵前大統領とリ・ジェマン総務秘書官ら側近とともにセウォル号関連「会議」を行い、大統領の中央災難安全対策本部訪問を決定した。

朴槿恵前大統領はその後、参謀を呼び、状況把握をするのではなく、髪型をセットするために美容師を呼んだ。セットを終えた朴槿恵前大統領は午後4時33分、この日、はじめて官邸から外出。5時15分、対策本部に到着し、「みな、学生たちは救命チョッキを着たというのに、そんなに発見が難しいのですか」と発言した。

衝突説が浮上

15年に発足したセウォル号第1期特別調査委は、

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)