Facebook

SNSで共有

済州島4.3事件70周年/労働新聞が論説、南で追悼式

米国の侵略的本性を告発

労働新聞(3日付)は、済州島4.3事件70周年に際し、「自主、民主、統一の志向は、妨げることができない」と題した論説を掲載した。

論説は、4.3事件は、南朝鮮に対する米国の植民地隷属化政策と民族分裂策動に反対し、社会の民主化と祖国統一を達成するための正義の反米反ファッショ人民抗争であったと指摘。

米国が、朝鮮半島の分断を固定化させ、それに反対する人民たちの闘争を武力で弾圧した歴史について触れながら、時が経とうとも変わらないものが米国の侵略的・野獣的本性であり、南朝鮮に対する米国の植民地支配策動を終わらせない限り、人民の自主的思考と要求が実現されることはないと強調した。また、米国との「同盟強化」「関係優先」を謳う一方で、ファッショ暴圧統治と同族対決策動を続ける南の親米保守勢力についても非難した。

論説は、4.3事件から、朴槿恵政権を打倒した

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)