Facebook

SNSで共有

市民ら“当然の帰結”/朴槿恵前大統領の有罪判決受け

朴槿恵前大統領の有罪判決を受け、南の市民たちは「当然の帰結だ」という立場を示した。

経済正義実践市民連合は、今回の判決について「朴前大統領の罪はとても悪質であり、また、裁判を拒否するなど、司法手続きを無視し、国民に対しても謝罪と反省の態度を示すことがなかった」とし、「裁判所が重刑を宣告したのは、自らが起こしたことの結果がそのまま返ってきたもの。自業自得だ」と指摘した。

参与連帯は「反省のかけらもない朴槿恵に対する重刑宣告は、当然の帰結だ」とし、「すべての権力は国民から与えられたものだとする憲法の精神が再確認された」と述べた。

大韓弁護士協会は「今回の判決を通して、法の前では、だれもが平等であるという事実が改めて確認された。不幸な出来事が繰り返されないようにしなければいけない」と強調した。

「共に民主党」のキム・ヒョン代弁人は論評を通じて

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)