Facebook

SNSで共有

選手らにさらなる支援を/東京朝高空手道部後援会、第2回総会

東京朝高空手道部後援会の第2回総会が4月22日、東京中高の多目的ホールで行われた。後援会役員と会員、朝大と東京中高の空手道部の部員、保護者ら約50人がこれに参加した。

約50人が参加した総会

総会ではまず、在日本朝鮮人空手道協会の宋修日理事長(朝大空手道部監督)があいさつした。

宋理事長は、同部後援会を含め、各地空手道部の後援会、OB・OG会で活発に行われる支援活動に言及しながら、選手らに手厚い支援を送る後援会会員らに謝意を表した。また、昨年は「第7回東アジア空手道選手権大会」(5月)への同胞選手の出場や、朝鮮の世界空手連盟(WKF)への加盟(10月)により、朝鮮と在日同胞空手道界にとって「大きな転換の年になった」としながら、「これからも選手たちに変わらぬ支援を寄せてほしい」と話した。

続いて、後援会の曺民守会長が第1期(2016年3月~18年3月)の活動報告を行った。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)