Facebook

SNSで共有

埼玉、「有志の会」が声明発表/補助金支給再開を求める多種多様な市民による「声」

「誰もが共に生きる埼玉県を目指し、埼玉朝鮮学校への補助金支給を求める有志の会」が16日、埼玉県内の朝鮮学校への補助金支給再開を求める声明を発表した。同日、県庁記者クラブで発表記者会見を行った。

「有志の会」は埼玉にゆかりのある広範な研究者、NPO団体、市民団体、弁護士、学生、市民らで構成されている。発表された声明には、これらに加えて教員やデザイナー、アーティストなどの290の個人と2つの団体が賛同を表明。補助金支給再開を求める多種多様な市民による「声」と言える。

声明発表記者会見が行われた

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)