Facebook

SNSで共有

南で「和解と平和の春」組織委結成/北南首脳会談成功を祈願

67団体、458人が賛同

南朝鮮で、4月27日に迫った北南首脳会談の成功と朝鮮半島の平和と和解・協力を願う「和解と平和の春」組織委員会が10日、結成された。組織委には、曹溪宗民族共同体推進本部、天主教正義具現司祭団、主権者全国会議、韓国進歩連帯をはじめとする67の宗教・市民・社会団体、458人が賛同している。

「和解と平和の春」組織委、結成記者会見(統一ニュース)

10日の結成記者会見で組織委は、記者会見文を発表。「朝鮮半島に和平と平和の春が訪れているが、この流れは自然につながっていくものではない」としながら、「首脳会談を行うのは双方の指導者たちだが、南北関係改善と朝鮮半島の平和を願う各界各層の多様な団体、個人の声が集まる時、南北関係はより盤石なものになるだろう」と指摘した。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)