Facebook

SNSで共有

朝鮮語、学ぶ楽しさを共有/「ハンサフェ学習会」

関東圏の講師、翻訳・通訳者ら集う

学習会の参加者たち。右から2人目が梁さん

JR埼京線「戸田公園」駅から徒歩数分のところにあるテコンドー道場の片隅で、毎月1回「ハンサフェ学習会」が開かれている。

ハンサフェの名前には、ハングルを愛(サラン)する人たちの思いが込められている。

有志を集めたこの学習会。代表を務める梁純和さん(48)は発足の経緯について次のように語った。

湧いてくる疑問

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)