Facebook

SNSで共有

金正恩委員長の指導の下、党中央委政治局会議

北南、朝米対話の展望を分析・評価

朝鮮中央通信によると、金正恩委員長の指導の下、9日、朝鮮労働党中央委員会政治局会議が行われた。党中央委員会政治局常務委員会委員らと政治局委員ら、候補委員らが参加し、内閣副総理らが傍聴した。

金正恩委員長は会議で、最近の朝鮮半島情勢の発展について報告。今月27日、板門店南側施設・平和の家で開かれる北南首脳会談に言及したうえで、北南関係発展の方向と朝米対話の展望を深く分析・評価し、今後の国際関係方針と対応方向をはじめとする党が堅持すべき戦略戦術的問題について提示した。

続いて金正恩委員長は政治局メンバーの活動実態について具体的に指摘し、革命の指揮メンバーとして責任と役割をよりいっそう果たすよう強調した。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)