Facebook

SNSで共有

朝中の親善関係を誇示/伝統を継承、発展

金正恩委員長の訪中では、伝統的な朝中親善関係を示すさまざまな場面があった。

金正恩委員長は滞在中、中国側の歓待を受けた。国境都市の丹東市では習近平国家主席の委任により宋濤対外連絡部長などが出迎え(25日)、北京では王滬寧政治局常務委員をはじめとする中国共産党の幹部らが出迎えた(26日)。また人民大会堂における金正恩委員長を歓迎する儀式(26日)に続いて、習近平主席が主催する宴会(同日)が李克強首相、王滬寧政治局常務委員、王岐山副主席などの同席のもとで行われた。さらに、習主席夫妻主催で昼食会(27日)も催された。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)