Facebook

SNSで共有

記録映画《朝聯ニュース》上映と解説/朝鮮問題研究センター

金哲秀教授が映画について解説した

朝鮮問題研究センター在日朝鮮人関係資料室が主催する研究会が3月13日(火)、朝鮮大学校記念館講堂で行われた。

研究会では、「朝聯ニュース」全13編の内、第三報、第六号、第七号、第八号が上映され、資料室長である金哲秀教授が映画について解説した。

「朝聯ニュース」は、在日本朝鮮人聯盟文化部映画課とそれを母体として設立された民衆映画株式会社が、1945年から1947年にかけて作成したニュース映画である。製作陣には李莞、許南麒、金道漢、金冏基等や日本の著名な映画人も属していたという。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)